<< <風景画>ストラスブール美術館所蔵展内覧会 東京・渋谷で(毎日新聞) | main | 京都の寺や神社で外国コイン年100キロ 換金できない「おさい銭」どうする(J-CASTニュース) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<裁判員裁判>強盗米兵「行動力アピール」が動機 那覇地裁(毎日新聞)

 那覇市でタクシー運転手から現金を奪ってけがをさせたとして、強盗傷害、銃刀法違反罪に問われた在沖縄米海兵隊牧港補給地区所属の1等兵少年(19)に対する裁判員裁判が24日、那覇地裁(鈴木秀行裁判長)で始まった。検察側は冒頭陳述で「特殊部隊に入るため精神力や行動力をアピールしようとタクシー強盗を計画した」と1等兵の動機を明らかにした。米軍普天間飛行場移設で揺れる中、1等兵の動機は波紋を広げそうだ。米兵が被告の裁判員裁判は全国で初めてとみられる。

 公判で1等兵は「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は冒頭陳述で、補給部隊に所属していた1等兵が特殊部隊への異動希望を上司に伝えた際「最低でも1年以上はかかる」と告げられた経緯を説明。動機の発端が1等兵の異動希望だったことを明らかにした。

 また、検察側による証拠の説明では、1等兵が09年2月に沖縄に赴任した際の部隊教育で「(米兵の)タクシー強盗が多発しているが、そんなことをするな」と注意され「そんなに多いなら簡単にできるのかと思った」との1等兵の供述調書も読み上げた。調書によると、1等兵は「自分は米軍人なので、軍事裁判で裁かれると思っていた」とも供述していた。一方、弁護側は「事件当時は18歳で日本の高校生と変わらない」と情状酌量を求めた。

 裁判員選任手続きでは、男性1人と女性5人の裁判員と、男性2人、女性1人の補充裁判員が選ばれた。【徳野仁子】

【関連ニュース】
性犯罪:市民団体が裁判員制度評価「プライバシー配慮を」
裁判員制度:「名付け親」松尾氏が講演
裁判員制度:裁判官も「良い経験」…東京高裁で意見交換会
裁判員裁判:起訴1年公判日決まらず 鑑定医の事故で延期
裁判員制度:施行1年 千葉法相「理念が定着しつつある」

北沢防衛相、23日にも訪米で最終調整(読売新聞)
民主・小沢幹事長、再び不起訴…東京地検(読売新聞)
<交通事故>デイサービスの送迎車衝突 5人重軽傷 岐阜(毎日新聞)
赤切符誤処理、違反講習費1300万円返還(読売新聞)
28日以降に内閣不信任案提出へ「首相は軽薄で不勉強」 自民、大島氏(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • 01:04
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵事務所
無料ホームページ
債務整理・自己破産
ライブチャット
現金化
携帯ホームページ
情報起業
探偵
クレジットカード現金化 還元率
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM